2009年02月05日

海外のレンタルサーバー

海外のレンタルサーバーとは、外国の会社が提供しているホスティングサービスだ。最近では、料金の安さや機能がたくさんあることなどから海外のレンタルサーバーが徐々に注目されてきている。
海外のレンタルサーバーといっても、なかなかピンとこない人が多いと思いる。まず、国内向けにホームページを公開するのが前提だと思いるが、それを考えると、国内のレンタルサーバーの方がアクセスの速度が速いだ。アメリカのサーバーにアクセスする場合は太平洋を電気信号が横断するのだから、電気信号がいくら早いからといっても、若干スピードが落ちるのは仕方がないね。ネットワークの距離は目的のホストまでに経由するルーターの数が影響する。経由するルーターが多ければ多いほどアクセス速度は遅くなっていきる。
レンタルサーバーの会社は日本にあるけれども、海外にサーバーを持つレンタルサーバーの会社も多くある。特に再販業者の場合はとても多いようだ。このようなレンタルサーバーを借りた場合は対応やメールなどは日本語でできるが、サーバーは海外にあるので、海外のレンタルサーバーを借りたのと同じくらいのアクセス速度になる。
国内のレンタルサーバーに比べて海外のレンタルサーバーは、サーバーの容量(ホームページが置けるスペース)や1つのアカウントの独自ドメインやサブドメインの設置数、データの転送量がとても安く、機能やスペックが充実している。全てが無制限なので、国内のレンタルサーバーのように価格によるプランは存在しない。もし、容量や設置ドメイン数、転送量に関して制限されるのが好ましくない場合は海外のレンタルサーバーはかなりオススメだ。
海外のレンタルサーバーは、まとめると、月額のコストがとても低価格で、サーバーのスペースが大容量、ドメインもサブドメインも無制限で、転送量も無制限、メールアカウントやFTPのアカウントも無制限で、サーバースペースの再販権が安価に欲しい人やデータベースをたくさん使う人に向いている。以上のことを踏まえて、サーバーの操作にある程度の知識があり慣れている方や、英語に対しても問題がないという人などには、海外のレンタルサーバーをオススメする。
海外のレンタルサーバーには、たくさんのレンタルサーバーがある。とくにアメリカに多いのだが、安心して使うためにも、インターネットで情報を集めるなどしてから契約しよう。
posted by (屁)理屈オヤジ at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | レンタルサーバー

レンタルサーバーの比較

レンタルサーバーの比較をするに当たり、レンタルサーバーについて整理してみる。
レンタルサーバーは大きく分けて三種類になる。「共用レンタルサーバー」「専用レンタルサーバー」「VPSレンタルサーバー」の三種類だ。
レンタルサーバーの比較その1、共用レンタルサーバーは、1台のPCサーバーを、複数の契約者(数十人〜数百人)で共有して使用するレンタルサーバーだ。特徴としては価格が安いということだ。また、サーバーについてあまり詳しくなくても気軽に使えるシステムだ。無料お試し期間を設定しているところが多いので、使い易くなっている。しかし、多数の人と共有しているために、アプリケーションのインストールや設定のカスタマイズなどが自由にできないという不便さもある。また、サーバーに高付加のかかるプログラムは禁止対象となる。共有人数が多くなり過ぎた場合や、同じ共有サーバー内にアクセスが集中した場合には回線負荷が上がり、サイト表示が遅くなることもある。
レンタルサーバーの比較その2、専用レンタルサーバーは1台のPCサーバーを自分だけで使用できるレンタルサーバーなので、常に安定した動作環境が確保できる。アプリケーションのインストールや、設定のカスタマイズが自由にできる。しかしこれは、サーバーネットワークの知識が必要となるので上級者向けと言える。アクセス数が多い人気サイトや、サーバーに高付加のかかるプログラムを稼働させたい場合には専用サーバーがお勧めだ。初期費用も高額で、ランニングコストも高額になるので、簡単にほかのものに乗り換えることは難しいだろう。
レンタルサーバー比較その3、VPSレンタルサーバーは、専用サーバーのようにアプリケーションのインストールや設定のカスタマイズができるにも関わらず、比較的安価で利用できる。また、最初からアプリケーションが入っていることが多いので、導入が比較的簡単なのが魅力だ。共用サーバーと比べると安定性はかなり高いものの、一台のサーバーを共用で使用する環境は同じなので、他の契約者の使用状況の影響を受けて、動作が遅くなるということは発生する。中にはCPU/メモリ保障等の保障を行なってくれるところもある。
レンタルサーバーの比較の時には、サービスの内容と価格に主に目が行きがちだが、ドメインを利用するかどうかも検討しよう。どのレンタルサーバー業者も、契約の際に独自ドメインの取得について聞いてきる。ドメインをレンタルサーバー業者と違うところで取得して、サーバーのみを業者で借りることも可能だ。
どのサーバーを選ぶかは、価格もさることながら、サーバーの使用目的によって変わってきる。レンタルサーバーの比較の時には、どのシステムのサーバーを選ぶにしても外せないチェックポイントがある。ユーザーマニュアル、または、トラブルの際のサポート体制が使い易く、しっかりしているところを選ぶということだ。電話サポートがあるところがお勧めだ。また、さまざまなオプション機能が用意されているが、有料なのか無料なのかをしっかりと確認するようにしよう。契約の基本だが、契約期間、再販の有無、データの転送量が超過した場合の課金等等、あとになってからの余計な出費を抑える為に、しっかりと内容を把握しよう。手間をかけずに、早くページを立ち上げたい人や初心者の方は、どんなアプリケーションがあらかじめ用意されているのかというチェックも必要だ。
posted by (屁)理屈オヤジ at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | レンタルサーバー

レンタルサーバーの独自ドメイン

レンタルサーバーの独自ドメインとはURL(ホームページアドレス)に使うことのできる、インターネット上のホスト(コンピューター)の名前を表す文字列のことだ。法人や団体などの組織を示すのに使いる。また、ドメイン名はインターネット上の宛先や住所の役割なので世界に一つしか存在しない。なので、取得は早いもの勝ちだ。基本的には、料金を払えば誰でも取得することができるものだ。かかる費用は年間で1000円〜10000円程度で、その価格はドメインの種類や取得方法によって変わってきる。
独自ドメインとは、看板のようなもので、ホームページに利用したい場合は、データファイルを保管するWebサーバー、メールを利用するにはメールを送受信する為のメールサーバーが必要になる。この2つのサーバーは、一般的にレンタルサーバー業者で借りる。
レンタルサーバーの独自ドメインの利点は、毎年更新料を払えば、使っているドメインを一生自分のものにしておくことができる点だ。これからもインターネットは今以上に進化し普及していきる。インターネットを通じて仕事をしたり、個人でアクセサリーなどを作ってサイトで公開しウェブショップを営んでいる人はどんどん増えてきている。企業のサイトやネットショップなどのアドレスがコロコロと変更されていては、そのサイトを見たいと思っている人達が迷子になってしまいるよね。せっかく自分の作ったサイトに来てくれている人達のためにも、あまりアドレスを変えることは好ましくない。企業なら信用問題にもなりかねない。
レンタルサーバーの独自ドメインは、世界で一つのドメインなので、他のサイトの規模や人気に左右されることが少ないのも魅力の一つだ。これはサイトのアクセスアップ対策にとても有効な方法だ。今後長くサイトを運営する予定の方などには、アクセスアップのためにも、独自ドメインを取得していた方が良いだろう。

レンタルサーバーの独自ドメインのデメリットは、少ないのだがある。独自ドメインを一生自分のものにし続けることができるということがメリットの反面、維持費が必要になってきる。1000円から10000円程度が一般的だ。そして、設定をしなければ独自ドメインが検索エンジンに反映されないので、多少は知識がないと設定するときに、少し困ることがでてくるだろう。
レンタルサーバーの独自ドメインでホームページを作ると、信用度が上がりる。無料のホームページの領域で運営しているショップと独自ドメインで運営しているショップでは、お店のサイトに対する取り組み方が違うと判断するサイトの利用者は少ないくないだ。短くてオリジナリティがある独自ドメインの方が覚えやすくて、見た目も良いので、ショップなどのサイトには独自ドメインがオススメだ。
posted by (屁)理屈オヤジ at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | レンタルサーバー

レンタルサーバーサービスランキング

レンタルサーバーランキングは、インターネット上において情報を発信するためにサービス業者かパソコン(サーバー)の容量を借りるというサービスのことだ。
最近では、多くの人たちが自分のブログや様々な情報サイトなどを運営しているために、レンタルサーバーを借りているのだ。
レンタルサーバーランキングのレンタルサーバーは、大まかに分類すると、共用レンタルサーバー、専用レンタルサーバー、VPSレンタルサーバーという3種類になっていまして、3種類のメリットやデメリット、また選び方などもそれぞれ違ってきる。
まず、レンタルサーバーランキングの共用レンタルサーバーは、パソコン1台のサーバーを複数いる契約者(約数百人くらい)での共有で、使用するというレンタルサーバーだ。
メリットとしては、安く使用することができる。そして、初心者(サーバーの知識に詳しくない人)にでも気軽に使えて、無料のお試し期間があることが多くて、試しやすいものだ。デメリットとしては、アプリケーションのインストールや設定などのカスタマイズが、自由にできず、サーバーに高い負荷がかかるようなプログラムは禁止の対象となる。また、共有の人数が多すぎると、パソコン上の回線負荷が上がってしまうのでサイトの表示が遅くなる。そして、同じ共有サーバー内にアクセス数が集中してしまうサイトがあると、その影響を受けてしまうので表示が遅くなってしまったりするので、安定が保証されない。
こちらの特徴としては、価格がかなり安いということだ。月額では300円以下というサービスもある。 しから、性能自体はそんなに悪くないので、個人での利用であるならば、共用レンタルサーバーで十分まかなえると思いる。
つぎに、レンタルサーバーランキングの専用レンタルサーバーは、パソコン1台のサーバーを自分一人だけで使用することができるというレンタルサーバーだ。 そうなると、サーバーやネットワークの知識が重要となるので、このレンタルサーバーは上級者向けのものだ。 アクセス数が多い人気のサイトや、サーバーに高い負荷がかかってしまうようなプログラムを動かしたいという場合には、専用サーバーを使用することをおすすめする。
メリットとしては、1台のパソコンに自分だけが使用するので、安定したパフォーマンスを得ることができる。また、アプリケーションのインストール、設定のカスタマイズが自由にできる。デメリットとしては、一人での使用となるので、価格がかなり高くなる。そして、サーバーネットワークの知識がある人にしか使いこなせない。初期費用がとても高いなので、簡単に乗り換えるのは難しいだ。
そして、レンタルサーバーランキングのVPSレンタルサーバーは、共用サーバーを仮想的に専用サーバーのように使用することができるという、両方の良い面を組み合わせたようなレンタルサーバーだ。 自由度合いの高いサイトを作りたいけれど、専用レンタルサーバーには高すぎて手を出すことができないという方にとってはおすすめで、 最近、とても人気があるサービスとなっている。
posted by (屁)理屈オヤジ at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | レンタルサーバー

専用レンタルサーバー

ホームページのレンタルサーバーとは、自分のホームページを作りたい人やデータベースを作りたいという人に、絶対に必要なものだ。
ホームページのレンタルサーバーとは、ホスティングとも呼ばれており、Webサーバーやメールサーバーの機能を持って常時インターネットに接続されている、貸し出し専用のサーバーマシンのことをいいる。作成したサイトを公開するために必要なレンタルサーバーは、分かりやすくいうと、ホームページを置くための敷地だ。
ホームページのレンタルサーバーでは、独自ドメインの取得やサーバーの設定、DNSの設定などをまとめてレンタルサーバーの業者がやってくれるので、とても便利だ。無料ホームページのスペースでは、様々な規制や制約があるが、有料のレンタルサーバーは、その点とても自由に使うことができる。ホームページの容量も大きいので掲示板やアクセス解析、ショッピングカーなどのCGIも自由に使えることが多いのも魅力だ。
ホームページのレンタルサーバーの有料のものには、3つのタイプがある。「共用サーバー」「バーチャルサーバー」「専用サーバー」だ。3つのタイプの違いは主に、ページの表示速度と自由度の高さだ。
共用レンタルサーバーとは、1つのサーバーを数十人から数百人で共用するサービスになる。例えるならば、複数の住人が住むアパートのようなものなので、他の利用者に迷惑をかける行為は禁止だ。アクセス数の多いサイトは利用不可、CGIなどのプログラムでサーバーに負荷を掛け過ぎるのもダメといったことが禁止だ。共用レンタルサーバーの快適さは、サーバーマシンの性能、バックボーンの接続容量、何人でサーバーを利用しているかによって違ってきる。基本的には、共用している人が多いほど動作が遅くなるので快適さが低くなってきる。といっても、よほどの大きさのサイトでなかったら十分快適に利用できる。料金も安いので、ホームページのレンタルサーバーを選ぶときの基本と考えると良いと思いる。
バーチャルレンタルサーバーとは、VPSとも呼ばれており、共用レンタルサーバーと同じく1つのサーバーマシンを複数で利用するのだが、仮想的に独立したOSが利用者ごとに割り当てられているので、共用レンタルサーバーではできない、アプリケーションをインストールすることも可能だ。利用者がそれぞれサーバーの管理者であるかのように利用できるのが特徴だ。共用レンタルサーバーよりも料金が高く、快適さも高いだ。
専用レンタルサーバーとは、1台のサーバーマシンをまるまるレンタルするサービスで、自由にアプリケーションのインストールができる。そしてハードディスクの容量の許す限りデータを置くこともできる。ただし、サーバーの環境設定や技術面で知識が必要になってきる。上級者向けのレンタルサーバーと言えるだろう。
以上のことから、個人のホームページのレンタルサーバーは共用レンタルサーバーがオススメで、企業などアクセスの多そうなホームページのレンタルサーバーには、専用サーバーなど自由度の高いものがオススメだ。
posted by (屁)理屈オヤジ at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | レンタルサーバー

レンタルサーバーマルチドメイン

レンタルサーバーマルチドメインは、プロバイダー(インターネットの接続をする業者のこと)などが高速回線に直結しているマシン(コンピューター)を貸し出しているもののことだ。また、レンサバや貸し鯖などとも呼ばれたりもしている。
レンタルサーバーマルチドメインは、無料のwebスペース(無料でWeb公開用の領域を提供してくれているサービスのこと)などに比べてみても、いろいろなことが簡単にできてしまうので人気がある。
レンタルサーバーマルチドメインは、一つのマシン(コンピューター)に複数のユーザーが割り当てられるような共用のサーバと、一つ以上のマシンに一人のユーザーだけが割り当てられるような専用のサーバがある。ユーザーがマシンを持ち込み、回線につないでもらうサービスのことをハウジングといいる。
ドメインには何種類かありまして、それぞれ種類に意味がある。
そして、マルチドメインは、現在においてはサイトサーブ(リストが借りているサーバー)で利用中のサーバ上において、他のドメイン名を追加して、複数のドメインからアクセスすることができるというようなサービスのことだ。会社名などでドメインを取得した場合において、普通でしたら別々のサーバを準備する必要があるのだが、マルチドメインがあると同じサーバへアクセスすることができるので、サーバの運営費用の削減になったり、ホームページへのアクセス経路の増強に活用することなどができる。
レンタルサーバーマルチドメインでとても人気があるエックスサーバーは、マルチドメインを管理していうユーザーのためのレンタルサーバーとなっている。業界でのトップクラスの多機能さ、そして快適な速度のレンタルサーバーマルチドメインだ。マルチドメインの運用、そしてメールアドレスの無制限の発行などといったサービスを、低価格で利用することができる。
複数のドメインを取得しながら、複数のホームページやサイトを運営されている場合におすすめなのが、やはり、レンタルサーバーマルチドメインだ。
通常において、レンタルサーバー契約は一個につき使用できるドメイン数は一個なのだが、マルチドメイン対応でしたら、割り当てられているレンタルサーバーの領域内においては、複数のフォルダ(ディレクトリ)に別々のドメインを設定することができるのでとても便利だ。
だから、レンタルサーバーマルチドメインは、たったひとつのレンタルサーバーなのに複数のサイトを管理できるので楽だし、初期費用や月額費用が通常の場合の半分で運営できる。
posted by (屁)理屈オヤジ at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | レンタルサーバー

PHPが使えるレンタルサーバー

PHPが使えるレンタルサーバーとは、PHPを動作させることのできるホスティングサービスのことだ。
PHPとは、HTMLのファイルの中に書き込むスクリプト言語だ。処理はPHPのモジュールのよってサーバー側で行われる仕組みだ。PHPを使うと、データベースへのアクセスなどのハイレベルな処理を行うことが可能になる。PHPはサーバーの負担が小さく、高速な処理が可能なところが魅力だ。CGIとして、古くから多くの人に使われているのは「Perl」だが、PHPはPerlに比べてWebサーバーに組み込まれているので、高速に動作させることが可能なのだ。
PHPには「CGI版」と「Apacheモジュール版」の2つのタイプがある。Apacheモジュール版の方が高機能で動作も軽いだ。CGI版の場合PHPの機能を十分に発揮できない場合がある。また、バージョンによってPHPは大きく仕様がかわるので、PHPが使えるレンタルサーバーを選ぶときの重要な要素にもなる。PHPが使えるレンタルサーバーに、動かしたいCGIが対応していなかった場合、動かないということもある。なので、必ず無料期間などで試して実際に動作するのかを確かめることが大切だ。同じPHPが使えるといわれているサービスでも大きなちがいがあるので、共用サーバーを使うときには注意が必要だ。
PHPが使えるレンタルサーバーとして有名なのは「ロリポップ」だ。10日間のお試し期間が設けてあるし、料金も月に315円ととても安いレンタルサーバーだ。6か月更新契約から263円とちょっとお得になる。会員数も多くて安心だ。ウィルスチェックの機能もある。初期費用は3150円かかりるが、これもいろいろキャンペーンなどで安く入れるときがあるので要チェックだ。
PHPが使えるレンタルサーバーの「さくらのレンタルサーバ」は、月々ライトは125円、スタンダードは500円、プレミアムは1500円と要領によって三段階の値段設定がされている。2週間とお試し期間も長く、共用のサーバーは安くて高機能だ。コントロールパネルでの管理なので手間がかかりない。ウィルスチェック機能も付いているし、専用サーバーであっても6800円と良心的な価格設定がされている。
PHPが使えるレンタルサーバーの「J−NAVIのStartUp Plan」の魅力は、ハードディスクが損傷してしまった場合にも、データはミラーリングされているので瞬時に復旧が可能なところだ。また、専用のバックアップサーバーがあり、週間でバックアップを行っているので、安定を求めている利用者にピッタリのレンタルサーバーだ。
良いンタルサーバーを選ぶためにも、「沢山の利用者がいるか」「お試し期間があるか」「機能はたくさんあるか」「サポート体制は良いか」は外すことのできないポイントだ。
posted by (屁)理屈オヤジ at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | レンタルサーバー

無料レンタルサーバー

無料レンタルサーバーは、その名の通りだが、無料で借りることのできるサーバースペースのことだ。ホームページを初めて開設する方には利用しやすいシステムだと言える。
無料レンタルサーバーは、広告収入で運営されている。無料でホームページのスペースを借りることができる代わりに、全てのページ内でサイトの広告を表示しなければならないような仕組みになっている。もしも、広告が気なって嫌な方は、広告の無いサイトや広告があまり目に付かないサイトもあるので、それを選択しよう。
無料レンタルサーバーを提供しているサイトによって使用可能な容量が違いるし、利用できるサービスも異なる。利用するにあたっての大切と思われるポイントは、容量、CGI、FTP、商用に使用できるかどうか、広告が入るか入らないかという点に絞られると思いる。その点にポイントを絞って選択すると良いだろう。
無料レンタルサーバーで使用する、独自ドメインについて気になる方も多いかと思いる。レンタルサーバーの場合には、通常は一契約につき使用可能なドメインは1個となっているが、「XREA]では、マルチドメインを採用し、一契約で、最大20個のドメインを利用できるようになっている。「XREA」では、メール機能についても、メール転送、自動返信、迷惑メール対策、ウィルスチェックも付いている。有料のレンタルサーバーと同等のサービスを受けられるという点では、利用価値があるのではないだろうか。
「無料」というところに疑念を抱く方も多いだろう。裏には何かあるのでは?という心配だ。無料のレンタルサーバーで心配な点は、突然の閉鎖があるということだ。大容量で広告無し、CGIの利用制限がなく安定して使用できるといった人気の高い無料レンタルサーバーは、募集人数がかなり限定されていたり、条件が厳しいということがある。無料サーバーの運営というのは実は非常に難しいので、管理人やサーバーを取り巻く事情などにより、急に閉鎖されてしまうことがある。無料レンタルサーバーの運営コストは、人件費を含めて実はかなり割高なために、急にページ上の広告が増えたり、サーバーや回線のスペックが急に落ちたり、突然に有料化されるなどの条件の悪化や不安定さというものが付きまといる。本格的に商用サイトなどを運営しようと考えていらっしゃる方は、本当に安心できる、優れた内容の無料レンタルサーバーを選ばない限りは、サイトの運営は難しくなると予想される。
無料レンタルサーバーについてのコンテンツでは、誰でも簡単に始められるとうたわれているが、色々なITの知識が求めらるので、初心者が使いこなすのにはかなりの苦労があると思われる。レンタルサーバーが出現した頃には高額な料金だったものも、無料に限りなく近い数百円で利用できるものもたくさんある。ホームページ作成やドメイン取得に関してつまづいてしまった時、その時の対応に差が出る。メールのみでの対応や、Q&A掲示板内での対応などではどうしようもない時がある。専門用語に弱い方、ホームページ作成に自信の無い方は、冷静な選択をなさって下さい。
posted by (屁)理屈オヤジ at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | レンタルサーバー

大容量レンタルサーバーについて

大容量レンタルサーバーは、容量が必要なクリエイターにも満足できるようなスペックの人気のレンタルサーバーのことだ。
大容量レンタルサーバーは、容量を気にすることなく使う事ができるのが特徴だ。
大容量レンタルサーバーはたくさんある。
有名なのは、やはりヘテムルだろうか。高機能で大容量レンタルサーバーが月額 1,500 円での利用ができる。マルチドメイン機能を使うと、追加料金が不要で 50 個までの独自のドメインを設定する事もできるので、ドメインを複数持っている場合においても満足されているというレンタルサーバーだ。初期費用は、3950円で、3GB の大容量レンタルサーバーで、 動画も音楽も配信できるし、無料期間が15日間ついている。
少し容量は小さいだが、レンタルサーバーJ・NAVIも人気がある。おすすめプランとしては、月額1575円、初期費用は、5250円で、2GB、無料期間はついていない。
もっと容量が大きいものだと、WADAXレンタルサーバーなどがある。こちらのおすすめプランは、月額1995円、初期費用は3000円だが、10GBの大容量レンタルサーバーとなっている。他には、GMOインターネットレンサバ、こちらのプランのほうが安くて、月額1575円、初期費用は3000円、10GBとなっている。ファーストサーバーは、容量がさらに大きくなっている、月額2940円、初期費用は9450円、20GBというプランとなっているが、やはり他のと比べてみると月額料や初期費用が高くなっている。
また、少しちがうサービスのものでは、ギガーン・レンタルサーバーのおすすめプランは、月額2520円、初期費用は8400円、3GBだが、30日間の返金制度がついている。だから、使用してみてやめたい場合にも返金してもらえるので、安心感がある。
キューブサーバーは、月額2520円、初期費用は場合によりるが、容量が無制限なものがある。マジックボックスも無制限の容量で、こちらは月額1470円、初期費用は2100円とかなりお得なプランがでている。
しかし容量や回線帯域などの基本サービスの価格だけによって、レンタルサーバーのサービスを選択するという人はあまりいないようだ。やはり、セキュリティ、複数台の構成、マネージドサービスといった、基本スペック以外においての付加サービスがレンタルサーバーの選択の決め手にしている人が多いようだ。
だから、どのような付加サービスが提供されているのかを、大容量レンタルサーバーの選択にあたっても、付加サービスを調べたうえのほうがよいのではないだろうか。
posted by (屁)理屈オヤジ at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | レンタルサーバー

格安レンタルサーバーについて

格安レンタルサーバーを探すらいなら、無料のものだってあるのに、と思う方もいらっしゃると思いる。インターネット上には数多くのレンタルサーバーがあり、無料のものもあれば有料のものもある。無料レンタルサーバーは確かにお金がかからないので魅力的だが、各種機能、数多くの制限があることを考えてしまうと、やはり有料レンタルサーバーに軍配が上がってしまうのだ。
レンタルサーバー料金を見ていくと実に様々で、高額なレンタルサーバーでは毎月の維持費が数万円もかかるものもある。これでは、なかなか契約に至ることができず、利用することができない。
格安レンタルサーバーをいくつかピックアップしてみたいと思いる。
料金が格安でも、契約するのに必要最低限の条件は設けましょう。まず、レンタルサーバー料金が格安であることは言うまでもない。第一にサポート体制が充実していること。できれば電話でのトラブル対処をしてくれるところが良いだろう。ディスク容量が十分あり、サーバーが安定していること。独自ドメインに対応していること。POP、SMTP、IMAPを利用することができ、メールアドレスを複数所有できること。CGI、SSI、PHPを利用でき、ネットショップの場合にはショッピングカートが利用できる環境。これくらいの条件をクリアできれば、快適にレンタルサーバーを利用して、サイトを運営していけると思いる。
格安レンタルサーバーを探していくと必ず名前があがるのが「ロリポップ」だ。月額263円型の格安料金なので、独自ドメインの維持費と併せても年間わずか4000円と格安だ。必要最低限の条件として挙げていたものはほとんど網羅し、加えて高機能で使いやすい「ロリポブブログ」(趣味のブログ、アフィリエイトブログなど用途に合わせて使える)を最大3個まで使うことができる。また、ロリポップのユーザーのみが使用できるウェブエディター「Woopa」の提供も始まりました。実際に利用している人たちからの口コミも上々のようだ。
格安レンタルサーバーでの常連の「さくら」。すでに16万人の利用者がいるというのだから圧巻だ。月額何と125円からのライトプランから、ハイパフォーマンスをビジネスシーンでも実現させてくれるプロプラン、月額4500円まで利用者のニーズに合わせて4コースが用意されている。2週間のお試し付なので、実際に利用して確かめるのがいいだろう。
新しい料金システムの格安レンタルサーバー、なんと基本使用料0円という「Bfit」。支払額や使用容量を、ホームページやブログの所有者の利用環境にフィットさせることを目的とした、データ転送量による従量制課金を採用している。携帯のパケット料金と同じ2段階定額制を用いた新型のレンタルサーバーだ。0プランの場合は700MBが設定されている。開設当初は0プランを選択し、アクセスが増えてきたら月額200円の200プランで使い放題にするなど、契約プラン変更が可能だ。
格安レンタルサーバーの中では珍しく、ビジネス使用を前面に出しているのは「East Tone]だ。複数の独自ドメインが管理可能な1GB以上のディスク容量を搭載した共用サーバ、コントロールパネルにはPLESKを採用しました。簡単で便利でいてしかも高性能だ。月額わずか460円〜で、複数のドメイン管理、MySQL、PHP、CGI、スパムフィルタ、メールアンチウィルス、Webメール、メーリングリスト等を全プランに装備している。無料の10日間お試しコースもあるので、速度と機能を体験するのが良いだろう。
いくつか格安レンタルサーバーを取り上げてみましたが、比較してどこのサーバーがいい、どこのサーバーは悪いという答えはないと思いる。利用者の利用目的によって的確に選択するべきだと思いる。全体を見るとあまりにも料金が格安で驚くほどだが、単に値段比べではなく、納得して快適に利用できる環境を選択していただきたいと思いる。
posted by (屁)理屈オヤジ at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | レンタルサーバー